【奈良県立病院機構】のインタビュー

奈良県・一般病院

奈良県立病院機構 (ならけんりつびょういんきこう)

笑顔をたやさず誰からも信頼される看護師になりたい<奈良県総合医療センター勤務>

  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 奈良県立奈良病院付属看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

周術期の患者への看護が主です。肝胆膵系や食道など高侵襲で長時間に渡る手術患者の術後管理も行っています。当病棟には皮膚排泄ケア認定看護師が在籍しており、認定看護師とともにストマケアや褥瘡予防にも携わっています。また外科治療とともに化学療法や放射線療法による治療を受ける患者さん、緩和医療をうける患者さんへの看護も行っています。今年はプリセプターとして1年目の指導にも携わっています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

1年目の時夜勤で受け持ち患者が心筋梗塞になりICUに運ばれることがありました。まだ慣れない夜勤で何もできず落ち込みました。しかし後日一般病棟に戻った患者が私に会いに来てくださり、「あの時はありがとう。おかげで戻ってこれました。」と言ってくれました。何もできなかったと思っていましたが、そう言ってもらえて嬉しかったです。その患者さんは今でもたまに会いに来てくださるので私の仕事の糧となっています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院は奈良県北和の基幹センターとして、県民および地域住民に安心と信頼を得られるセンターづくりと、良質な医療の提供を目指すことを基本理念としています。基幹センターであることから様々な患者さんを看護することができ、看護師として経験を積むことができると考え当院を選びました。