【奈良県立病院機構】のインタビュー

奈良県・一般病院

奈良県立病院機構 (ならけんりつびょういんきこう)

人間として成長できる、働きやすい職場環境です <奈良県総合医療センター勤務>

  • 循環器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 太成学院大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

まず、私の出身地である奈良県で看護師として働きたいという思いがありました。その上で、当院の教育方針、看護のあり方が最も私に合っていると強く感じました。
具体的には、新人看護師へのサポートが1年間ではなく、2年間のバンビナースサポートシステムがあり、安心して教育を受け、成長できる環境が整っている点が魅力の一つでした。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

新人看護師でも先輩看護師に対して積極的に意見を述べることができ、1人の看護師として、以前に1人の人間として成長できる働きやすい職場環境が整っていることです。
職場でのより良い人間関係の構築が、質の高い医療、看護の提供につながると私は考えているからです。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

新社会人であり、職場に慣れるまで苦労しました。慣れない業務に慣れない環境で不安だらけで、日々の業務を覚えることも大変でした。
自分に余裕が持てない分、自分の目指す看護師像とは程遠いですが、今の自分にできることを考え継続することが大切で、患者さんから言われる「ありがとう」が支えになっていました。

新人教育の特長について教えてください。

グループワークを通して個々が意見を発言することで異なった視点から物事を考えることができ、大きな学びにつながると思います。座学で学ぶより実際に行動することで、失敗体験も次に活かすことができます。また、「これは研修で経験したことがある」と実際に似たような場面に直面した時に自信につながると考えます。