【名古屋市立大学病院】のギャラリー

愛知県・大学病院

名古屋市立大学病院 (なごやしりつだいがくびょういん)

高度医療とぬくもりのある看護の共存

 当院看護部は「高い倫理観を持ち、高度医療とぬくもりのある看護の共存をめざします」という理念の下、笑顔と感動にあふれる病院づくりに取り組んでいます。
一般病棟では、7:1看護人員配置で固定チームナーシングを行い、質の高い看護の提供と看護スタッフのやりがいを大切にしています。
 院内には最新の医療機器が整備され、看護業務においてもPDA(携帯端末)を使用し、バイタルサインの入力や与薬時の患者・薬品の確認を行っています。そうすることで看護業務の効率化を図るとともに、誤薬や患者誤認などの事故防止等に役立ち、安全な看護の提供へとつながっています。
 看護補助者やクラークを配置し業務分担をすることで、ベッドサイドケアを充実させ、患者さんとの時間を大切にしています。また、ジェネラリストとスペシャリスト(専門・認定看護師)が協力してチーム医療を支え、より安全で質の高い看護を提供しています。

夢への第一歩をみんなで支えます

 「共に学び、共に育つ」をモットーに、楽しく自信を持って働くことができるよう部署全体で新人職員を支援しています。研修とOJTをつなぐため、新人看護職員研修は集合研修とOJTを交互に行います。研修で学んだことを翌日には部署で先輩と一緒に実施し、実践への自信が持てるような体制を作っています。新人の宿泊研修やフォローアップ研修では部署を超えた仲間ができて、共に成長を振り返り今後の目標を考えることができます。また、専門看護師・認定看護師やその他資格収得時の体制も充実しています。

働き続けられる環境を整備

 当院は街の中にありながら、緑の多い名古屋市瑞穂区にあります。閑静な文教地区に位置し、地下鉄桜通線「桜山」駅に直結しており、通勤にはとても便利です。寮は病院周辺のワンルームマンションに男女とも一定の条件を満たせば入寮することができます。また、夜勤時の通勤支援も行っています。
 病院と同じ敷地内には大学図書館があり、平日は9時から21時まで開館し、専門書も多く取りそろえているため、専門性を追求するための学ぶ環境があります。
 勤務体制では2交代制と3交代制を選べる体制や、時間単位で取得できる年次休暇、育児支援のための部分休業など、個人のライフスタイルに合わせ、ワークライフバランスの充実を図ることができる体制を整えています。また学内保育所も整備され、育児と仕事の両立を目指すあなたをサポートしていきます。