【総合病院国保旭中央病院】のインタビュー

千葉県・一般病院

総合病院国保旭中央病院 (そうごうびょういんこくほあさひちゅうおうびょういん)

救命救急の現場で先輩方に学びながら頑張っています。

オルタネイト
  • 救命救急センター
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 千葉県立保健医療大学出身

緊張感のなか笑顔を絶やさずに

一般病棟に比べ重症度や緊急度が高く、高度で専門的な治療を必要としています。薬剤投与などの処置業務が多く急変リスクが高いため、常に全身状態をモニタリングして異常の早期発見に努めています。そのように常に緊張感が漂う病棟ですが、スタッフ間ではコミュニケーションを大事に常に笑顔を忘れないようにしています。また高度で複雑な処置が多いため指導が丁寧で教育体制も整っています。

医療の素晴らしさを実感するとき

知識が豊富で洞察力に優れ常に向上心にあふれ、さらに急変時にも冷静な対応ができる先輩方を尊敬しています。患者さんのニーズを理解できないときは、患者さんの立場に立って考えること、日々深く関わることの積み重ねが大切だということを先輩に教えられました。患者さんの状態が徐々に改善し一般病棟に転棟できたときに医療の素晴らしさを実感できます。

総合病院国保旭中央病院の他の先輩の声もチェックする