【長野市民病院】のインタビュー

長野県・一般病院・地方独立行政法人

長野市民病院 (ながのしみんびょういん)

その人に寄り添った看護を心がけています

オルタネイト
  • ICU:集中治療病棟
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 諏訪中央病院看護専門学校出身

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私は自分の五感をしっかり働かせて患者さんを看ることを大切にしています。例えば、病棟で問題なく歩いているように見える患者さんも、実際に背を触れてみるとしっとりと冷や汗をかいていたりします。見た目や患者さんの言葉だけでなく触感も含めて五感をフルに使った看護を心掛け、日々患者さんと丁寧に関わるように努めています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

ローテーション式の臨床研修制度があることです。急性期から在宅まで幅広い看護を学べると思い志望しました。実際に研修を受け、様々な知識を得るだけでなく、いろんな先輩の看護観や大切にしていることを学ぶことができたので良かったと感じています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

同期や先輩に悩みを聞いてもらうことです。同期はもちろんですが、先輩も困っていることや悩んでいることがないか気にしてくれるので、とても相談しやすいです。同期や先輩のアドバイスや励ましの言葉で毎日頑張っています。後は友達と食事に行ったり、ドライブをしたり、好きなことをして気分転換して乗り越えています。