【倉敷中央病院】のインタビュー

岡山県・一般病院

倉敷中央病院 (くらしきちゅうおうびょういん)

一人で悩みを抱えることなく、仕事ができる環境

  • 呼吸器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 岡山県立大学出身
  • オルタネイト
  • オルタネイト
  • オルタネイト

退院後を見据えて必要な支援を

呼吸器内科は、呼吸器疾患の方々を看護する部署です。患者さんの一日のバイタルサインを把握し、安全に検査を進めるための看護や、入院時から退院後を見据えて必要な支援を考えた退院指導などを行っています。またターミナル期における看護としては、患者さんの精神面のサポートも欠かせません。

しっかりとコミュニケーションを図ることができる3チーム制

私が働く部署は、3チーム制で行動をするため、先輩看護師らとしっかりとコミュニケーションを図ることができ、わからないことがあれば、すぐに相談できる環境が整っています。入職して1年目のころは、なかなか環境になれず、技術を身につけることで精一杯でした。患者さんへのかかわりが疎かになってしまい悩んでいた時、同期やプリセプターの先輩に話を聞いてもらうことができました。今は自分一人で悩みを抱えることなく、仕事ができています。