【石橋病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

宮城県・療養型・精神科

石橋病院 (いしばしびょういん)

「医療・福祉通じて地域社会への貢献」を理念に、栗原市内最大の民間病院と介護保険事業を展開している。
当院では、療養病棟と認知症治療病棟があり、主に慢性期の患者様や認知症の患者様への治療及びリハビリテーションを行っています。患者様と向き合いながら仕事が出来る環境です。
また、栗原市は比較的交通の便が良いので仙台市内からも新幹線などで通勤可能です。

住所 〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北堤下27
病院種別
  • 療養型
  • 精神科
病床数 110床
病床数備考 療養病棟 64床  認知症治療病棟 46床
職員数 121名
看護職員数 27名
募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
勤務形態
  • 日勤のみ
  • 交代制
  • 正規職員
  • 非正規職員
  • 奨学金制度
  • 退職金制度
  • 被服貸与
  • 教育制度

病院からのお知らせ

准看護師も正職員で採用し活躍している職場です。また、進学者への奨学金制度、短時間正社員制度など資格取得を応援。
育児休暇取得100% 長期に安心して働ける職場です。施設見学は随時受付中です。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 日勤のみ
  • 交代制

勤務時間等、希望ある方はご相談下さい。

募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
応募資格

資格を有する方

募集人員

職員増員による労働環境の改善とケアの充実を図る為。

経験年数
不要
選考方法
面接
必要書類
履歴書 写真貼付
資格免許証コピー
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
  • 非正規職員
正規職員
月額給与

2014 年4 月実績

条件 合計 基本給 諸手当
看護師(大卒) 215,400円
看護師(短大・専門卒) 205,900円
准看護師(大卒) 188,200円
准看護師(短大・専門卒) 181,000円
月額給与内訳 基本給:看護師(187,900円)、准看護師(166,000円)
資格手当:看護師18,000円(准看護師15,000円)
その他の諸手当 夜勤手当:7,500円、扶養手当:3,000円、通勤手当上限18,000円、住宅手当(正職員のみ 上限2万円)
勤務時間 8:30〜17:30
11:00〜20:00
16:00〜9:00
8:00〜17:00
勤務地 宮城県栗原市若柳字川北堤下27
昇給・賞与 年2回 3ヶ月分
休日 年間休日108日
休暇 シフト表による
加入保険制度 雇用保険、労災保険、社会保険、退職金共済
看護宿舎
進学・キャリアアップ支援制度
退職金制度
退職金共済 正規職員勤続3年以上〜
保育施設
被服貸与
教育制度
その他福利厚生 育児休暇、介護休暇取得実績あり、職員親睦会(年3回)、職員旅行(年1回)など
非正規職員
月額給与
条件 給与
非常勤・パート 1,100~1,800円(時給)円
勤務時間 8:30〜17:30
11:00〜20:00
16:00〜9:00
8:00〜17:00
勤務地 宮城県栗原市若柳字川北堤下27

病院基本情報

石橋病院
設置体
  • 医療法人

医療法人 財団弘慈会

病院種別
  • 療養型
  • 精神科

療養病棟(医療型)、認知症治療病棟

日本医療機能評価機構認定
病床数 110床
病床数備考

療養病棟 64床  認知症治療病棟 46床

職員数 121名
看護職員数 27名
住所 〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北堤下27
交通機関1 (高速道路) 金成若柳ICから車で約10分
交通機関2 (新幹線) くりこま高原駅より 車で10分
交通機関3 (高速バス) 若柳くりでん資料館前下車 徒歩10分
代表電話番号 0228-32-2583
FAX 0228-32-2482
URL http://www.kojikai.jp/
院長 石橋 弘二
外来患者数(1日平均) 100名
入院患者数(1日平均) 110名
診療科目数 8科
診療科目
  • 内科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • リウマチ科
  • 整形外科
  • リハビリテーション科

訪問診療

付属施設・関連施設 介護老人保健施設 グレイスガーデン
石橋病院 通所リハビリテーションセンター
グループホーム まいはあと

お問合せ先

お問合せ部署

法人事務局

担当者名

高山 健一

所在地

宮城県栗原市若柳字川北堤下27

お問合せ部署電話番号

0228-32-4790

E-mailアドレス

jimu.takayama@kojikai.jp

療養型について

身につくスキル

療養型で働く時に身につくスキルとしては、基本的には一般病院で経験スキルと似ている部分も多くあります。但し、療養型の場合は、患者さんは高齢者が多くいる場合もあります。そのため、医療機関や職員の配置状況によっても異なってきますが、医療的な処置に加えて、食事補助や排泄介助等を部分的に担当することもあるようです。これは、患者さんの病状は安定しているものの、寝たきりの状態であったり、または麻痺によって会話が困難であったり、認知症を発症しているなどの場合があるためとなります。そういった際には長く病院で生活をする患者さんに快適に生活してもらえるよう患者さんのQOLを高める経験を積むことも可能で、それが技術として養われます。

特徴

療養型の特徴とは、その名の通り治療を一番の目的としているわけでなく、療養を目的とした病床をメインに機能をもっている病院のことを表し、特徴としても病状が安定している慢性期の患者さんの長期療養を目的とした医療やリハビリテーションの提供を目的としている点です。設備環境としても基本的なものだけに留められていて、談話室やベッド面積のゆとりに力をいれている医療機関もあるようです。また特徴として、入院している患者さんの安全を確保し、長期療養によって感じやすい精神的・肉体的ストレスを緩和することも必要な機能として特徴的であるようです。超高齢社会が進行するにつれ、医療においても療養機能は必要性が高まると予想されています。