【圏央所沢病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

埼玉県・一般病院・療養型・老健施設・社会医療法人 

圏央所沢病院 (けんおうところざわびょういん)

地域の皆様に信頼され、選ばれる「癒しの心をもつ病院」を目指します。

当院は2009年4月に新設した、所沢・入間地域の中核医療機関です。急性期から回復期の脳血管疾患・整形疾患を中心とした医療を提供し、全国でもトップクラスの脳卒中ケアユニットを備えています。
関連施設には療養型病院、温水プールとフィットネスジムのようなデイケアを併設したクリニック、訪問看護ステーションなどの事業を展開しており、中規模ながら看護師が活躍する幅広い環境が整っています。

住所 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2692-1 地図
病院種別
  • 一般病院
  • 療養型
  • 老健施設
病床数 137床
病床数備考 病床数はSCU 12床と全国でもトップクラスの脳卒中ケアユニットを備え、一般病床89床、回復期リハビリテーション病棟36床の合計137床となっています。
職員数 425名

内、女性315名/ 男性110名

看護職員数 151名

内、常勤121名/ 非常勤30名

看護体系 7:1
募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
勤務形態
  • 日勤のみ
  • 夜勤のみ
  • 交代制
  • 正規職員
  • 非正規職員
  • 看護宿舎
  • 奨学金制度
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与
  • 教育制度
当院の魅力をたっぷり詰め込んだパンフレットが完成しました!

病院からのお知らせ

見学会を随時開催しています。
ご希望者はご連絡ください。

ギャラリー

毎年恒例の新人さん中心の写真撮影会!当院ブログで紹介。
部門を越えたチームワークも圏央の魅力です。ハーフマラソン参加
24時間365日無料の託児所が病院に隣接しています。

イベント

2

イベント公開中

選考会
随時開催 要相談

選考会

開催地 / 所在地 埼玉県 / 埼玉県
対象 病院関係者 看護学生
見学会
随時開催

病院見学会

開催地 / 所在地 埼玉県 / 埼玉県
対象 看護学生・既卒看護師

採用担当者からのメッセージ

ライフステージに合わせて勤務可能

 圏央所沢病院は脳神経外科・整形外科の急性期から回復期を中心とした医療を提供しています。また関連施設には療養型病棟や訪問看護ステーションなどを有し、幅広く看護師が活躍する場があります。看護部では認定看護師などの卒後教育に力を入れる一方、ライフワークバランスを積極的に推進しています。趣味や学びの時間を大切にし、小さいお子さんがいらっしゃる方に対しては、産休・育休、時短勤務、院内託児所(無料)はもちろんのこと、各部署のスタッフが協力する体制など、仕事をしながら育児ができる環境を整えています。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 日勤のみ
  • 夜勤のみ
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
  • 准看護師
応募資格

看護師・准看護師の資格取得者

募集人員

5名

募集理由

救急体制強化、病床数増加のよる看護師増員

経験年数
不要
選考方法
面接
その他
必要書類
履歴書
資格免許証コピー
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
  • 非正規職員
正規職員
月額給与

2018年4月実績

条件 合計 基本給 諸手当
看護師(大卒) 307,000円 220,000円 87,000円
看護師(短大、専門卒) 302,000円 215,000円 87,000円
准看護師 263,000円 185,000円 78,000円

※年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定します。

月額給与内訳 ※上記は新卒入職者の給与例です。
 年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定します
【諸手当内訳】
看護師:一律調整手当 15,000円、住宅手当 10,000円、夜勤手当(月4回) 15,500円/1回
准看護師:一律調整手当 10,000円、住宅手当 10,000円、夜勤手当(月4回) 14,500円/1回
その他の諸手当 通勤手当、時間外手当、家族手当、役職者手当
勤務時間 2交代制
※1カ月単位の変形労働時間制(週40時間)
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
日勤 8:30 ~ 17:30 (休憩60分)
夜勤 16:30 ~ 9:30 (休憩120分)
勤務地 埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2692-1
賞与 年2回(2016年度平均実績 4.6カ月)
休日 週休2日制
休暇 有給休暇 初年度10日(入職日より半年後付与) 
加入保険制度 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、厚生年金基金、介護保険(40歳に達した月より)
看護宿舎
2016年3月に新設の独身寮(1LDK)が完成!!
進学・キャリアアップ支援制度
退職金制度
確定拠出年金
保育施設
24時間、利用できるで託児所(利用料無料)が完備されています。
被服貸与
教育制度
その他福利厚生 海外旅行、ディズニーランド旅行、西武園ゆうえんちパスポート 等
非正規職員
月額給与
条件 給与
アルバイト(看護師) 時給1,550円~
アルバイト(准看護師) 時給1,350円~

※年齢、経験、能力を考慮の上、規定により決定します。

その他諸手当 通勤手当
勤務時間 ※夜勤希望者要相談
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
日勤 8:30 ~ 17:30 (休憩60分)
早番 7:00 ~ 16:00 (休憩60分)
遅番 11:30 ~ 20:30 (休憩60分)
勤務地 埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2692-1
昇給及び賞与 なし
休日 シフト制 ※要相談
休暇 就業規則による ※要相談
加入保険制度 労災保険、勤務日数により健康保険、雇用保険、厚生年金、厚生年金基金、介護保険(40歳に達した月より)

病院基本情報

圏央所沢病院
設置体
  • 社会医療法人

至仁会

病院種別
  • 一般病院
  • 療養型
  • 老健施設
日本医療機能評価機構認定 有 (Ver.6.0)
病床数 137床
病床数備考

病床数はSCU 12床と全国でもトップクラスの脳卒中ケアユニットを備え、一般病床89床、回復期リハビリテーション病棟36床の合計137床となっています。

職員数 425名

内、女性315名/ 男性110名

看護職員数 151名

内、常勤121名/ 非常勤30名

看護体系 7:1
認定看護師
  • 認知症看護
住所 〒359-1106 埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2692-1 地図
交通機関1 西武池袋線(「池袋」駅より30~34分)「小手指」駅下車 徒歩18分。または「狭山ヶ丘」駅下車 徒歩15分。(送迎バス有り)※西武新宿線(「西武新宿」駅より39分)「所沢」駅で西武池袋線へお乗り換えください。
代表電話番号 04-2920-0500
FAX 04-2920-0501
URL http://www.ken-o-tokorozawa-hosp.com
理事長 吉川哲夫
看護部長 小菅順子
外来患者数(1日平均) 257人
入院患者数(1日平均) 117人
診療科目数 15科
診療科目
  • 内科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • 人工透析内科
  • 外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 美容外科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • リハビリテーション科
  • 麻酔科
付属施設・関連施設 日高日生病院、よしかわクリニック、よしかわ通所リハビリテーション 道、よしかわ訪問看護ステーション 歩、みどりクリニック、通所リハビリテーション 緑、介護老人保健施設 遊、居宅介護支援センター 遊、フィットリハ 陽(4施設)

お問合せ先

お問合せ部署

看護部

担当者名

小菅順子

所在地

埼玉県所沢市東狭山ケ丘4-2692-1

お問合せ部署電話番号

04-2920-0523

E-mailアドレス

jimukyoku@ken-o-tokorozawa-hosp.com

一般病院について

身につくスキル

一般病院で身につくスキルとしては、オールマイティな医療・看護に関するスキルが身につくことが最も特徴的であると言えます。様々な環境下での看護の提供をすることを求められることが多く、臨機応変な対応力を養うことが可能です。また、医療技術についても幅広い機会に恵まれ様々な習得の機会が多くあるようです。また、看護師としての基礎知識をしっかり学ぶことも可能な場合が多いようです。基本的には、業務の中心は入院患者に対する医師の治療補助がメインであり病棟では、患者さんに寄り添いながら様々な病状の変化に対する対処の仕方や、患者さまの不安を取り除くコミュニケーションの取り方を身に付けることができます。病院によっては急性期から慢性期まで幅広い診療領域の看護経験を積めるので、状況に応じた柔軟な対応能力を磨くことも可能なようです。

特徴

一般病院は多種多様な医療機関がその中に含まれています。住み慣れた地域で、いつまでも健康過ごすための仕組みである地域包括ケアシステム、その中でも地域医療における中核病院として存在していることも多く、急性期・リハビリテーション・在宅療養におけるまで最も幅広くカバーしていることも多くあります。医療機能としては、診療所・大学病院・専門病院・リハビリ施設・介護事業所等と地域との連携を密にしてその地域住民に近い形で医療を提供しています。そのため、患者さんは多種多様で様々な人が対象となる場合も多く、患者さんや場合によっては、患者さんの家族と密接なコミュニケーションを図りながら地域医療を支えていく場合も多くあります。