【小豆沢病院】のインタビュー

東京都・一般病院

小豆沢病院 (あずさわびょういん)

地域の病院で“寄り添う看護”を一緒に

オルタネイト
  • 内科
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 首都大学東京出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

病院や診療所、訪問看護ステーション、ヘルパー事業所など、様々な面から地域の人々に関わり、無差別平等の姿勢で地域に根ざした医療や介護がしていることを知り、関心を持ちました。その上で、インターシップに参加し、働いているスタッフの雰囲気の良さ、寄り添う姿勢で行われている看護に惹かれ、入職を決めました。

印象に残っているエピソードを教えてください。

入院されていた患者さまを街中で見かけたり、診療所や訪問看護のスタッフから様子を伺えたりすることが、地域に根ざしている病院ならではと感じています。
お家に帰る前のワンクッションとして、大病院から転院されてくる患者さまが多いですが、「ここの病院に来て良かった」と患者さまやご家族から御言葉を頂くこともあり、出来る医療に限りはある中で、スタッフと協力しながら患者さまやご家族と関わることができると思います。

看護学生のみなさんへ!

実習や卒業研究、部活など、忙しく悩む事もあると思います。看護師になると大変なこともある中、やりがいや良かったと思うことがたくさんあります。自分のペースで頑張って下さい!