【東京慈恵会医科大学葛飾医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター (とうきょうじけいかいいかだいがくかつしかいりょうせんたー)

少しでも興味があれば、一度慈恵医科大学葛飾医療センターへ見学にきて、雰囲気を感じていただきたいです!

オルタネイト
  • 外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 泌尿器科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 目白大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

PFMという退院調整に特化した病院であり、地域で過ごされる患者様にとって、退院後のサポートが充実していることはとても安心であることのように感じます。そのような強みのある病院で、退院後の生活を見据え、病気だけでなく患者様全体を捉え看護をしていく力を身に着けたいと思い、選びました

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

やはり、同期の存在が大きいです。同病棟4人が配属になったのですが、わからないことは一緒に考え共有したり、時には愚痴を言い合ったりもしていました。私が落ち込んだときには同期に支えてもらい、同期が落ち込んでいたら声をかけるなど、一緒に励まし合う仲間の存在が大きかったです

慈恵大学のいいところ・慈恵看護のいいところ

1年目はとても不安なことが多かったように思います。そんな中で先輩の熱心な指導・研修による知識の習得等、不安なことに対してとてもサポートが厚いと思いました。不安なことだらけの私にとっては、新人への支援が手厚いことが良い所だと思います。新人だけでなく、その後のキャリアアップについても同様の事が言えると思うので、自分の成長につなげられると思います

看護学生のみなさんへ!

今は、勉強の日々で大変だと思いますが、患者さんを相手にすると、看護がとても楽しくなると思います。どんな患者さんに出会うかわからないので、今のうちにたくさん知識をつけてください!また、これから看護師として働くと考えるといろいろな不安があると思いますが、自分の行きたい道・目指す看護をしっかりと持って病院を選べば、看護を楽しむことが出来ると思います。