【東京慈恵会医科大学葛飾医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター (とうきょうじけいかいいかだいがくかつしかいりょうせんたー)

先輩も熱心に細やかに、個人の傾向やペースに合わせて指導をくれるので、確実に技術習得をしていけます

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 北海道医薬専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

札幌の合同就職説明会で慈恵大学の「葛飾医療センター」という存在を初めて知り、母親の実家が葛飾区だったため馴染みがある地域の大学病院ということで興味を持ったのがきっかけです。その後説明を聞き、他の病院にはなかなかない地域密着型の急性期病院というあり方をもっと実際に見に行きたいとインターンシップにも参加し、就職を決めました

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

手術室では患者さんと話す機会があまり持てませんが、手術中の患者の生命を守ることを第一に看護をします。どんな手術でも安全に手術が行えるように気を配り、自分の看護が患者の身体を守っていると感じることができた時にやりがいを感じます。また、全身麻酔を始める前の患者の緊張を少しでも緩和できるよう手を握ったときに力強く握り返す反応があったときは、患者の心に寄り添った関わりになったのではないかと感じます。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

同期は一番気持ちが分かりあえるので、お互いに変化に敏感で、疲れた時や落ち込んでいるときに同期がすぐに気付いて声を掛けてくれるため、話を聞いてもらって頭の整理がついてすっきりします。いつも救われているので、自分も同期は大事にしています。また、どんな失敗も、次は絶対に繰り返さないための教訓として蓄積させれば、自分の成長につながっていくのだと前向きに考えることが大切だと思います。

看護学生のみなさんへ!

自分がどのような病院で働きたいのかを考えるのは難しいと思いますが、自分がどのような分野に興味があるのか、そこから絞るのはひとつの手です。少しでも興味を持ったなら、まずは資料を手に入れてインターンシップや説明会に参加してみて下さい。実際の雰囲気を知ることで、自分にとって大切な判断基準がより明確になってきます。もし慈恵に少しでも興味持っていただけたなら、是非インターンシップに来てください。待っています!