【東京慈恵会医科大学葛飾医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター (とうきょうじけいかいいかだいがくかつしかいりょうせんたー)

自信がつくと大変さの中にも楽しさが感じられる!

オルタネイト
  • その他
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 福岡大学出身

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

手術では、患者さんとコミュニケーションを取れるのはほぼ麻酔の導入前、もしくは麻酔の覚醒後のみであり、病棟のように長く関わることはできません。しかし、だからこそその少ない時間を大切にしようと思っています。手術が終わり、患者さんから「ありがとう」との言葉をもらった時は、頑張ってよかったな、また頑張ろう、と思えます。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

先輩に相談したり、同期や地元の友達に話を聞いてもらったりしています。アドバイスをもらえたり気分転換になったりします。誰かに話してすっきりするのはおすすめです。特に私にとってのお守りは両親、友達をつなぐスマホです(笑)

看護学生のみなさんへ!

1年目は勉強することが多く、大変と感じることが多いと思います。しかし、学べば学ぶだけ知識が増え、わかることや出来ることが増えていきます。わかることや出来ることが増えるとそれだけ自信につながり、自信がつくと大変さの中にも楽しさが感じられるようになります。
まずは国試ですね。自信もって臨めば大丈夫だと思います、頑張ってください。