【東京慈恵会医科大学附属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学附属病院 (とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくびょういん)

看護師としても成長できる場です。是非、慈恵で一緒に心のこもった看護を行いましょう。

オルタネイト
  • 神経内科
  • 消化器内科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 千葉大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップを行った際、慈恵の明るい雰囲気にひかれ、この病院でなら楽しく看護を実践できるかと感じたからです。また、慈恵の理念である「病気を診ずして病人を診よ」という考えに深く共感できたことも決め手の一つです。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんを第一に考え、患者さんによってより良い治療方法は何なのかを医療者全員で考えられるところです。FISH!の精神に基づき、スタッフ同士が良い雰囲気の中で働けているため、同じ目標に向かって一丸となり、より良い医療を提供することが出来ます。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

落ち込んだ時には、プリセプタ-をはじめとする先輩NSが一緒に悩んでくれたり、アドバイスをくれるなど、親身になって相談に乗ってくれるため、失敗を引きずらずに立ち直ることが出来ます。

看護学生のみなさんへ!

慈恵医大では、「病気」ではなく「病人」を診ています。そのため、患者さんが本当に必要としていることを汲み取り、温かい看護を実践することが出来ます。自分の仕事に誇りを持つことが出来、看護師としても成長できる場です。是非、慈恵で一緒に心のこもった看護を行いましょう。