【東京慈恵会医科大学附属病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学附属病院 (とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくびょういん)

個々のペースに合わせて成長できます

オルタネイト
  • 精神科
  • 看護師
  • 職歴6年
  • 成田赤十字看護専門学校出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

病院の理念である「病気を診ずして病人を診よ」に共感し、夏のインターンシップに参加しました。その場で、先輩看護師が患者さん中心に考え、看護を実践している姿を見て、私も患者さん中心で行う看護を行える看護師になりたいと思い選びました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

新人教育がしっかりしており、また個々のペースに合わせて成長を見守ってくれるところ、スタッフ間のコミュニケーションが濃密で、チーム医療が実践できるところ、自身のスキルアップ、夢への実現に向けてサポートを受けられるところ。

印象に残っているエピソードを教えてください。

初めて受け持った終末期の患者さん。私が夜勤の時に亡くなってしましました。終末期でどんどん衰弱していく中で、知識、技術共に未熟だった私は限られた時間の中で患者さんが望んでいた希望をうまく汲み取り実現できなかったのではないかと今でも後悔しています。その思いが、今の私の看護に活かされていると思います。

看護学生のみなさんへ!

 慈恵医大は附属の大学、専門学校もありますが、外部の学校から来た私でも手厚くサポートをしてもらいながら学び働きやすい病院だと思います。