【小張総合病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・医療法人社団 圭春会

小張総合病院 (こばりそうごうびょういん)

患者さんの心に寄り添える看護を

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 城西国際大学出身

現在のお仕事について教えてください。

私は外科病棟で勤務をしています。外科病棟では、手術を目的として入院している患者様が多くいるため、術前は不安なく手術に臨めるよう介入し術後は早期離床、早期退院に向けて看護を行っています。また、疾患に伴う症状の緩和や精査、または化学療法を目的として入院してくる患者様も多いので様々な患者様と出会うことができ、日々多くの知識を得ることができています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者様の変化に気付き、素早く対応ができた時にやりがいを感じます。看護師は患者様の日常生活援助を行いながら看護の提供を行っていくことが仕事であるため、他の医療従事者に比べ蜜に関わりを持つことができるのは看護師の特権だと感じています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

働いている中で落ち込むことや悩むことはありますが、先輩方の温かい関わりの中で自然と立ち直ることができています。同じ境遇にいるからこそ、上手く言葉にできなくても理解してくれていると感じています。また、仕事と休みの切り替えを大切にすることが重要だと思います。家族や友人と食事に行ったり趣味の時間を大切にして仕事と離れる時間を作る事で充実した日々を送ることができると思います。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

教育制度や給料も就職場所を選ぶ中で重要視していましたが、長く同じ病院で働きたいという気持ちがあったので、自分が働きやすい環境であるかを一番に考え病院選びを行いました。病院説明会で実際に院内を見学することで、病院全体の雰囲気や環境、働く方々の人間関係を感じることができ、働きやすそうな印象を受けたので、この病院を選びました。

看護学生のみなさんへ!

今は、沢山の知識をつけなければならず大変な学生生活を送っていると思いますが、自分のため、患者さんのためになることばかりです。看護師として一緒に働ける日がくることを楽しみにしています。