【東京慈恵会医科大学附属第三病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東京慈恵会医科大学附属第三病院 (とうきょうじけいかいいかだいがくふぞくだいさんびょういん)

一番の支えになるのは患者さんの笑顔です。

オルタネイト
  • 整形外科
  • その他
  • 看護師
  • 職歴10年
  • 宮崎県立看護大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

ナイチンゲール看護理論をもとに看護を行っているため。身体や疾患の事だけでなくその人の生活や思いなど、その人を丸ごとみつめるという看護に魅力を感じました。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

周りに相談します。話して、泣いたり、笑ったりしながら乗り越えてきました。特に同期は一緒に悩んで助け合ってきたと思います。一人で抱え込まないことが大切です。
一番の支えになるのは患者さんの笑顔です。これがあったら辛いこともがんばってよかったと思えます。