看護系就職情報サイト 掲載病院数NO1

キャリタス看護アカデミー
連載企画 02
更新日:2017年10月4日(水)
医療・病院のトレンドを知る
国際化が進むと
病院って
どうなっていくの

急激に増える外国人に病院も奮闘中

「医療の国際化」には大きく2つの柱があります。1つは増え続ける外国人への対応。もう1つが、医療による経済発展です。

まず外国人への対応ですが、近年の訪日外国人の推移を見るとその必然性がわかります。2012年の訪日外国人の数は850万人にすぎませんでしたが、2016年は2,400万人を記録。在留外国人の数も、2012年の203万人から2016年は238万人にまで増加しています。

こうした状況を受けて、今、日本の病院でJCI認定を受けるところが増えてきました。「JCI」とは「Joint Commission International」の略で、1994年に医療機関を評価するために設立された病院評価機構(JC:The Joint Commission)が元になって設立されたものです。高品質な医療と患者さんの安全性を評価するのを目的としており、世界でももっとも基準が厳しいとされ、取得できるのは世界でも数%の病院だけといわれています。

2017年8月末現在、日本国内では24の医療機関がJCI認定を取得。最初の取得は2009年で、2012年までの4年間で6医療機関が取得したにすぎませんでしたが、その後の4年半で18の医療機関がJCI認定を受けており、取得が加速しているのがわかります。

JCI認定医療機関(2017年8月末現在)

「JMIP認証」を取得し、外国人に対応できる病院に

しかしJCI認定は、「国際的に高い医療を提供している証」にはなりますが、「外国人に対応できる証」ではありません。

そこで2011年、厚生労働省が「JMIP(ジェイミップ)認証」を設けました。「Japan Medical Service Accreditation for International Patients」の略で、日本語では「外国人患者受入れ医療機関認証制度」といいます。

一般財団法人日本医療教育財団が、「受入れ体制」「患者サービス」など大きく5つの分野に分けて評価します。これにより、英語・中国語など多言語による対応、宗教の教義に合った食事の提供などが求められるようになりました。2017年8月末現在、29の医療施設が認証を取得しています。

JMIP認証医療機関一覧(2017年8月末現在)

医療ツーリズムと病院丸ごと輸出

こうした外国人への対応のほかに、もう1つの流れが、医療による経済発展です。その柱の1つが医療ツーリズムです。海外の患者さんを日本に呼び込むというもので、治療はもちろん、人間ドックなどの検診、美容なども含まれます。なかでも日本は重粒子線がん治療においては世界でもトップクラスの実績を誇っており、豊富な施設数を有するだけに大きな期待が寄せられています。

もう1つの柱が、病院丸ごと輸出です。文字通り、海外に日本の病院をつくるもので、医療機器は日本製のものを入れ、それをきっかけに日本製の医療機器を浸透させようという狙いです。日本政府は2020年に医療関連の世界市場において1.5兆円を獲得することを目指しています。2016年には政府の支援を受け、カンボジアで病院丸ごと輸出の第一弾となる病院が開院しました。今後も新興国を中心に、10か所ほどの病院を設ける計画が進んでいます。

日本の病院に入職したら、海外の病院に赴任することになった──。

そんな時代は、すぐそこまで来ています。

JCIとJMIP

JCIJMIP
目的高度な医療提供と患者の安全を評価外国人患者の受入れ体制を評価
審査者JCI一般財団法人日本医療教育財団
対象世界の医療機関日本の医療機関
審査内容「患者安全」「感染管理」「医療の質と改善」など、14分野について評価「受入れ体制」「患者サービス」など大きく5つの分野に分けて評価
認定・認証数(国内)
(2017年8月末現在)
24医療機関29医療機関